硬水と軟水

ウォーターサーバーに関心をお持ちの方ならご存知かもしれませんが、水には硬水と軟水があります。カルシウムやマグネシウムなどの含有量が多ければ硬水、少なければ軟水です。日本の水は大部分が軟水です。一方、ヨーロッパでは硬水が中心です。ヨーロッパから輸入される「ミネラルウォーター」が分かりやすいですね。ミネラルが豊富な方が体に良いではないかと思われがちですが、そう単純な話でもありません。硬水は紅茶などお茶の抽出には向いていません。料理も軟水の方が素材の味を活かせる場合の方が多いそうです。ミネラルの多さが悪く作用する場合もあるのです。
もう1つ硬水の影響が出るのが、スキンケアと髪の毛です。ヨーロッパ旅行に行き、いつもどおりに洗顔をしたら肌がガサガサになってしまったというのは良く聞く話です。そもそも、硬水では泡立たない石鹸も多いので、日本の石鹸を持ち込むより、硬水用の石鹸を現地で購入した方がお勧めです。また、髪の毛もいつものシャンプーではギシギシになってしまいます。たとえばロクシンタンや、ボディショップのように外資の天然素材を使ったヘアケア製品なら、日本でも購入可能ですし、硬水でも優しくヘアケアできるでしょう。髪は非常にデリケートなので、水質の影響などを受けやすいものです。髪と水の関係をより深く知るには、Yahoo!知恵袋-硬水対策もご覧ください。薄毛や育毛ケアを含めたヘアケアが必要だと思われるなら、詳細はこちらも参考になります。水質だけではなく外気の環境、また体内の環境にも左右されやすいので、普段からケアが必要です。髪の毛がごわついたり、パサパサしたり抜けやすくなっているなら、自分の外側と内側の環境を見直し、育毛剤などで早めに対処しましょう。実は日本国内でもやや硬水の地域もあるので、調べてみるのも一案です。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る